FC2ブログ
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くということは その2 労働の尊厳

日本を占領したときの占領軍マッカーサー元帥が日本人の労働観について語ったという記事がありましたのでご紹介いたします。(これも稲盛和夫さん談の文章からです。)

昭和26年5月3日アメリカ合衆国委員会で行われた極東政策についてマッカーサー元帥の言葉です。

太平洋において、われわれは彼らを包囲したのです。日本は八千万人に近い膨大な人口を抱えそれが4つの島の中にひしめいていました。その人口の半分が農業人口で、あとの半分が工業生産に従事していました。潜在的に日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいずれの国にも劣らぬ優秀なものです。歴史上のどの時点においてか、日本の労働者は人間が怠けている時よりも、働き、生産をしている時の方が幸福なのだということ、つまり、労働の尊厳と呼んでもいいようなものを発見していたのです。
これほど膨大な労働能力を持っているということは彼らには何か働くための材料が必要だということを意味します。彼らは工場を建設し、労働力を有していました。しかし彼らは手を加えるべき原料を得ることができませんでした。日本は絹産業以外には固有の産物はほとんど何もないのです。彼らは綿がない、羊毛がない、石油の算出がない、スズがない、ゴムがない、その他実に多くの原料が欠如しております。そしてそれら一切のものがアジアの海域に存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたなら、一千万から二千万人の失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。従って彼らが戦争に飛び込んでいった動機は大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです。


戦前の日本人は勤勉、ただそれだけでなく労働の尊厳を知って働いていた。ということをマッカーサー元帥の言葉から察すことができます。




つまり働くことによって私たちは私たち自身が育てられ、人格を向上させることができる。その事実を知って働けば、知らないで働くよりずっとずっと達成感ひいては幸福感も感じることができる、と私は思うのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。