FC2ブログ
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月14日はアンチエイジングの日

11月14日はアンチエイジングの日だそうです。
なぜか?
1114いい年
だそうです。。。。。。。。

というわけで、本日お昼11時にBSNラジオで生出演させていただきました。
その内容は以下です。

1、八木澤先生が取り組まれているアンチエイジング医療とは、どんな考え方の医療なのでしょうか。

 加齢という生物学的プロセスに介入を行い、加齢に伴う動脈硬化や、癌のような
加齢関連疾患の発症頻度を下げ、健康長寿を目指す実践的医療です。病気になった人を治す医療ではなく、病気にならない体つくりのお手伝いをする医療です。
日本は世界一の長寿国ですが、だからといってずっと自立して生きているわけではなく、亡くなる前、男性は約9年間、女性は約12年間の介護を要する期間があります。この期間をなるべく短く、健康長寿年齢をのばすのが目的です。つまり元気に長生きをするということ、そのためには何をどうすればよいのか一緒に考え実践につなげていくのがアンチエイジング医療です。


2、「アンチエイジング」いわゆる「歳をとらない」ためのポイントは…?

  「元気で長生き」するためには、食事、運動、精神面に気をつけて日常を過ごすことが大切です。
食事面では一日3回、ゆっくりよく噛んで季節の食材を使ったバランスの良い食事をとりましょう。摂取カロリーは性別年齢労働によって個人差がありますので詳しく指導を受けた方が良いです。とる栄養素はタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく食べましょう。糖質制限をしたい方はどれくらい制限できるか、指導を受けた方がよいです。制限し過ぎると逆に具合が悪くなります。血糖値を急激にあげない食べ方も大切です。そのためには食べる順番が簡単で実践しやすいです。野菜から先に食べて、たんぱく質、脂質、糖質の順に食べると血糖値の上がり方が緩やかになります。家族でゆっくり談笑しながらお食事できるとさらによいです。
運動面では、歩く、泳ぐ、ジョギングなどの有酸素運動を週に4,5回、20、30分と筋トレ 週2,3回15分くらい、ストレッチ毎日 がおすすめです。が、みなさんお忙しいのでなかなかできないと思います。私自身も実行は難しいです。そこで「ながら運動」をお勧めします。歯をみがきながら、テレビを見ながら、など足踏みや足の屈伸運動などやってはいかがでしょう。通勤時間を使うのもおすすめです。
精神面が一番重要です。生きがいや夢を持って日々を過ごしましょう。
健康になるのが生きがいではなく、手段です。健康に生きて○○をしたい。など考えながら過ごすとよいです。お友達が多い方、趣味がある方もイキイキと過ごされることが多いようです。

3、みんなが「アンチエイジング」を達成できたとしたら、世の中はどんな風によくなるでしょう?

まず、医療費がかからなくなるでしょう。国家財政的にもよいのです。65歳を過ぎても働いて社会に貢献できます。そして、イキイキと元気に過ごしている高齢者が増えれば若い人も年をとることってよさそうだ、と思ってくれて未来を明るく考えてくれる若者がさらに増えるかもしれません。

4、ラジオをお聞きの新潟の皆さんに一言、メッセージをお願いします。

日々の生活態度が日々の健康生活を作りますので、食事、運動、精神面に気を付けて過ごし、健康長寿を目指しましょう。生きがいや 夢を持って過ごしましょう。ご家族やお友達を大切にすることも健康長寿につながります。


と、いうふうに準備はしていたのですが、なかなかうまくしゃべれず。
とほほほほな日でした。
スポンサーサイト

百聞は一見に如かず の話

先日斉藤家別邸に行きました。
新潟市の繁華街のすぐ近くにありながら静かで緑豊かな豪邸です。
海運業で大金持ちになった方が建てたおうちのことで一般公開されています。
四季折々の景色が楽しめるので
ときどき訪れることにしていいます。特に紅葉の時期はすばらしいのです。
斉藤家景色

ところで
庭野景色とともにお宅事態の素晴らしさもよいのです。

私がいつもすごいと思い注目しているのはこれ。

廊下のはじに棚があるのですが
ご覧のように半円形で丸いのです。
戸じたいも丸い敷居も丸い。
でも、これ
どう表現したらよいのでしょう。
戸袋?

廊下のすみっこにあって物入れでね、丸くなってるの。
と説明しても はあ?って顔される。
日本語でうまく説明できません。

それでいつもいつも説明するのですが
わかってもらえず、今回はようやく夫を連れてでかけ、みてもらいました。
これ、これ、これよ。これ。
わたしがいつも言ってるのは。

百聞は一見に如かずのお話でした。
おあとがよろしいようで。

勉強会のお知らせです。

恒例のアンチエイジング勉強会のお知らせです。
医療従事者対象です。

12月8日午後7時~
ホテルオークラ、クラウンルームにて
アンチエイジング勉強会を行います。
今回のテーマは栄養。
メインの講師は県立大学栄養学科の田邊直仁先生です。
ご興味のある方ぜひどうぞ!

柚子こしょうを作る

10月には1年分のイクラを作り、1年分のゆずこしょうを作ります。
ゆず2016

庭のゆずが青から黄色にかわりつつあるぞ。
といわれて急いで作りました。

大体10月終わりころ作るとよいのだと思います。
なぜなら、青唐辛子と青柚子が出会う時期だからです。

柚子ゴルフボール大 25個
青唐辛子 40本
塩50-60g
柚子果汁適量

柚子皮(なるべく表面だけ白い部分は苦くなります。)
青唐辛子へたと種除く
これを細かくきざむ

注意:手袋必須!!!

塩と果汁を入れて
すりこぎでひたすらすりすり
柚子こしょう2016
そのあと
すり鉢ごと冷蔵庫で7日間熟成
そのあと
瓶詰め、冷凍保存
ゆずこしょうの保存2016
ちなみに残ったゆずで柚子ポン酢つくるといいですよ。
作り方は柚子果汁200、酢110、しょうゆ200、みりん45
      鰹節、こぶ
      入れて常温で7日間熟成、こして冷蔵保存

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。