FC2ブログ
  • « 
  • 6 
  • 9 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者×主婦 時間管理のわざ1

さて時間管理に関していくつかわざをご紹介しましょう。
私なんかよりずっと上手な方もいらっしゃるでしょうが、、、。
まあ参考までに。

時間の考え方

いろいろな本を読んで、時間を有効に使っていると思われる人の体験談をみました。
ですが一番大切なことは
時間に対する考え方です。
人それぞれ違いますので
あくまで参考になさってください。

1、大切なことですぐしなければならにこと
2、大切なことだけれど急がないこと
3、大切なことではないけれどすぐしなければならにこと
4、大切なことでもなく、急ぎでもないこと

世の中のことはこの4つに分かれます。

たとえば
1、 患者の急変や子供の喘息発作
2、 家族で旅行にいくこと、自分の留学に向けての計画作り
3、 月曜日の燃えるごみのゴミだし。
4、 くだらないテレビ番組をみること。   など


それでこの4つをどれくらいの時間配分にするかということが非常に重要です。
私が読んだ本(何冊かありますが)その筆者のかたはみなさん
2大切なことだけど急ぎではないことを最も大切にしなさいと書いてありました。

家庭の家事仕事はほとんどが3(大切ではないがすぐしなければならないこと)で埋め尽くされます。
そうすると、一日の最後に充実感が少なく感じます。やたら忙しいけど、私なにやってたんだっけ。いつの間にか一日が終わった。
なので、一日24時間をいかに4を少なくして、2を多くするかがカギです。

ちなみに

お金の使い方もこれとよく似ています。
1、 大切なお金ですぐ支払わなければならにお金:生活費
2、 大切なお金だけどすぐには要らないお金:投資
3、 大切ではないけど生活に必要なお金:生活費
4、 大切でもなく急ぎでもないお金:浪費

というふうに分けて考えて財布の口をあけるときに考えながら使えば浪費はさけられます。

時間の使い方とお金の使い方でその人の人生が決まってきます。ので
私も失敗をたくさんしましたが
これからの若い人たちにはぜひとも気にしてほしいと思います。
時間はお金は有限です。
スポンサーサイト

医者×主婦 変化に対応する3

我が家にはよく”お客さん”がやってきます。年齢性別人数状況もばらばらで。
お客さんというのは 夕飯を食べて、お風呂に入って、寝て、次の日の朝ごはんを食べる方のことです。
しかも、いつも突然やってきます。
たとえば

朝、夫、「今日夜、ワインパーティーだから。うちで」
とか
夕方5時携帯電話で、息子 「これから友達5人行くから。泊まるから。カレーでもいいよ。」
とか
夜10時 ピンポーン、夫。「ここで飲む。」
とか

私。ひょえ~~~。

いや、冷静に考えよう。冷蔵庫には何があったか。冷凍庫には何があったか。
トイレはきれいだったか。お風呂場は。
などなど。

で、
それほど常備菜はないのですが、何とかするのです。
材料があまりなくてもできるのはおつまみ系です。
困るのは男の子のお友達で
とにかく食べる量が半端ないので、作るのに追いつかないです。カレーでもいいなど簡単にいいますが、
時間が必要ですので、この時は偶然、大量にもらった宇都宮餃子がありましたので、
それをすべて焼きました。フライパンは2つ必要でしたよ。
ごはんは足りない時のためにいつも「さとうのごはん」および冷凍のごはんがあるのでたいてい大丈夫です。

夕飯が終わるとお風呂の準備、そして布団やシーツの準備をします。出しておくだけでは
きちんと布団やシーツを使わないので、しいてセッテングしてあげることがほとんど。
(子供たちはめんどくさがりや、布団を出しておくだけではしかない。)

夜中に次の日の朝ごはんの材料を買いに行きます。
てな具合です。

で、
この間に患者さんのことで問い合わせがあったり、直接患者さんから電話がかかってくることもあります。
その時はこの一連の作業が中断します。
そしてリカバリー。

スリル満点な日々を 私は
過ごしているんですよーーー。


終了後には冷凍庫、冷蔵庫は空っぽになりますよね。

アンチエイジング勉強会のお知らせ

アンチエイジング勉強会のお知らせです。

医療従事者対象です。
12月8日午後7時よりオークラホテルにて
今回は栄養とテーマとしました。
いろいろな栄養法が言われていますが、
いったん基本に戻しましょう。
と考えての勉強会です。

お問い合わせは院長八木澤まで
よろしくお願いいたします。

医者×主婦 変化に対応する2

変化に対応する
かなり高度なテクニックです。

以前、札幌雪祭りに家族で出かけたことがありました。2月11日のことです。
その時末っ子は4年生
その行く飛行機のなかでインフルエンザに発症してしまいました。
えっーーーー
ですが、季節はインフルエンザまっ盛りですので、タミフルは持っていましたので、
とりあえず、飲ませ、ホテルで休み次の日ホテルはチェックアウトしなければならないので、
他の家族には自主的に観光してもらい、私は北海道大学解剖学教室の岩永教授を頼っていきました。
当然のように休日でも実験されていましたし、教室員もたくさんいらっしゃる。そこで寝かせていただき、
私は以前、お世話になった思い出話・雑談で楽しく過ごすことができました。
4人も子供がいると家族行事があっても必ず誰か熱を出します。なぜ今?ってことがたくさんあるのですが、
そんな時思うのはパニックにならずに、冷静に考えて持てる力をすべて総動員して、何か行えばだいたい
何とかなるということです。
持てる力とは自分の持っているお金、能力、時間のみならず、知人友人なども含まれます。
ふだんから知り合いを多く持っておくといざという時、助かることが多いんですね。友人たちとは
普段からギブ&テイクの関係性を持っておきましょう。
格言:たいていのことは何とかなる。

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。