FC2ブログ
  • « 
  • 6 
  • 7 
  • 9 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕飯は水炊き長野さんで

水炊き
夕飯はみんなで水炊き長野さん
とにかくおいし―――――――――――い!!!!
おすすめです。〆はおじやで。
スポンサーサイト

大宰府天満宮

大宰府天満宮
今年の抗加齢医学会は福岡です。
当院はスタッフ一同ででかけています。

まずは大宰府天満宮でお参りです。
みんなで来れて感謝感謝。

求め、探し、門をたたく

お花2015
本日は私のーー回目の誕生日です。
スタッフの方々から
大きな花束をいただきました。
この年になると
元気に生きているだけで
もう感謝です。
一日一日大切にしていいきたいとあらためて思います。

さて
本日の自分に向けての言葉です。
昨日の新潟日報夕刊に載ってました。

ノーベル賞医学生理学賞の利根川進氏の言葉です。


君が何かを研究していて、もしその研究をするために必要な最高の環境が
身の回りにないのなら、自分でそこを探して身を置くことが大切だ。
どこにあるかわからないなどは理由にならない。
わからないなら真剣に必至に探しなさい。
できない理由や事情なんていくらでもある。
引っ越しするお金がない。今の研究チームに迷惑がかかる。
親に反対される。経済的なこと、仕事のこと、家庭事情、
そんな理由や事情に一切構わず、とにかく自分の研究にとって
最高の環境を求め探し、そこに行く勇気と覚悟をもって行動しない限り、
君たちは本当に求めるものを手に入れることなんか一生できはしない。
他の一切を犠牲にしても、最愛の人に反対されても、最良の環境で最高の研究に
没頭する覚悟がある者だけに門は開かれるのだ。
自分の人生をかけるに値する研究に、まず最優先すべきものに
没頭しなさい。没頭できる環境を最優先に
求め、探し、選びなさい。


これまで
出会ったすべての人に感謝
また明日から頑張ります!

ゴールデンウィークに東京都中央区を散策

ゴールデンウィークは法事があり、九十九里浜まで行きましたが、
途中で東京を経由するので、空き時間は東京駅近辺をほんの少しだけ散策しました。

築地本願寺

築地;ゴールデンウィークでも寿司やさんは何軒もやっていました。
 通常の魚市場、お店屋さんは休みだそう。築地本願寺は築地のシンボルですが、
 西洋風。もともと築地は寺町だったそうで、お寺が多い。市場がここに来たのは比較的新しいのだそう。

歌舞伎座

新しい歌舞伎座:銀座にあります。大きくて見栄えのする建物。たくさん人がいました。

そして

九十九里浜

九十九里浜:ほんとに九十九里あるのかと思うほど長――い浜。

東京駅:激混み。はじめてゴールデンウィークに東京駅にいきました。
 ふだんはビジネスマンが多く行きかう感じですが、さすがに、
 地方からでてきたと思われる。大きな荷物、コロコロバッグの旅行者だらけで、
 ロッカーが全くなかったです。
 
ゴールデンウィークおそるべし。

昭和天皇は思っていた以上に素晴らしい方だった。

最近日本史を勉強してみて
だんだんわかってきたことがあります。
それは
昭和天皇が予想以上にすばらしい人だったということです。
(今まで知らなかったことが大変恥ずかしい)

私が知っている昭和天皇といえば
ご高齢でよぼよぼ歩いていた人
玉音放送で
“堪ヘ難キヲ堪ヘ、忍ビ難キヲ忍ビ、、、”と言っていた人、
くらいでした。(恥ずかしい)

ですが、
実際は常識的で、理知的、勇気もあり、
そして慈愛に満ちていた人でした。

第二次世界大戦以前は
少しは天皇も政治に意見することができました。

日本が行った数多くの戦争や紛争を避けたかったし、早く終わりにさせたかったでしょう。
当時の軍人さんたちと対峙していかなくてはなりません。
そのための、つまり的確な意見を言うための詳しい情報も必要です。
強面の軍人さんたちに勇気をもって意見をいわなければなりません。


玉音放送は
かなり難解でわかりにくいのですが
例の“堪ヘ難キヲ堪ヘ、忍ビ難キヲ忍ビ、、、”という文言は
側近のだれかが考えた言葉ではなく
ご自身のお考であったのです。

そのもととなったその当時の天皇ご自身のご意見が半藤一利さんの書物にありましたので、
写し書きます。

「空襲は激化しており、これ以上国民を塗炭の苦しみにおとしいれ、文化を破壊し、世界人類の不幸を招くのは、私の欲していないところである。わたしの任務は祖先から受け継いだ、日本という国を子孫に伝えることである。今となっては一人でも多くの国民に生き残っていてもらって、その人たちに、将来ふたたび立ち上がってもらうほか道はない。もちろん、忠勇なる軍隊を武装解除し、また昨日まで忠勤を励んでくれたものを戦争犯罪人として処罰するのは、情において忍び難いものがある。しかし今日は忍び難きを忍ばねばならぬ時と思う。明治天皇の三国干渉の際のお心持ちをしのび奉り私は涙をのんで、外相に賛成する。」
「今日まで戦場にあって戦死し、あるいは内地にいて非命にたおれた者やその遺族のことを思えば悲嘆に堪えないし、戦傷を負い戦災を蒙り家業を失った者の今後の生活については私は心配に堪えない。この際私のできることはなんでもする。わたしが国民に呼びかけることがよければいつでもマイクの前に立つ。陸海軍将兵は特に動揺も大きく陸海軍大臣はその心持をなだめるのに相当困難を感ずるであろうが、必要があれば私はどこへでも出かけて親しく説きさとしてもよい。内閣では至急に終戦に関する詔書を用意してほしい。」


ところで平成の世の中になり
今年
4月中旬に今上天皇がパラオに慰霊訪問を行っています。
深く長く海に向かってお辞儀を知る姿が印象的でした。
まるで昭和天皇がのりうつったかのようでした。

現在の天皇は政治に意見をいうことはできません。
日本のシンボルという位置づけだからです。

ですが
あの深い長い
お辞儀は慰霊のみならず
反戦の強い思いを思わせました。
感じていらっしゃるのでしょうか。
今の日本は
戦争に近づいているのではないか と。

現政府に対する無言の抵抗と言っては言いすぎでしょうか。

チューリップの昼夜

毎年たくさんチューリップを植えています。
そしてわかったことですが、

チューリップの昼は
花昼
花が開いています。

チューリップの夜は
花夜
花は閉じています。
そして10日くらいは楽しめます。
自然の摂理といえばそれまでですが、、、、、

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。