FC2ブログ
  • « 
  • 6 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わっぱ飯

いつも春になるとこれ食べた―――い ってなって作るこれ
鮭山菜わっぱ飯
写真の出来上がりは21センチサイズのわっぱで2人分くらいになるので
夫とふたりでいただきます。

今日はこのお料理をご紹介します。
佐藤淳子先生のレシピです。

1、 まずわっぱを買う。これ一番大切でむずかしい。
わっぱです

淳子先生のお教室でならったときはひとりひとつのわっぱで15センチくらいでした。
このわっぱは三越デパートで購入しましたが、中華わっぱなんです。21センチ。
違うんですよ。わたしのほしいものとは。で、
ネットでさがしたらこれhttp://sizuku.ocnk.net/product-list/19
新潟県寺泊の足立茂久商店のわっぱが有名らしいので
ぜひ購入してみたいと思いました。
(まだ買ってない、、、高いし、、、、、)

2、 さて、つぎにクッキングペーパーを形に切り、穴もあける。
紙をしく

3、 ごはんを炊く。4人分で2合半、酒大さじ1、塩小さじ1、しょうがしぼり汁小さじ1
こぶ5cmくらい、なければ顆粒のこぶだし少々、かために炊き上げる水加減で炊く。

4、 具材の調理
ふき:10個くらい。5分ゆでて、冷水にあげ30分漬け置く。これで苦みがそこそことれる。サラダ油でいため酒大さじ2しょうゆ大さじ2みりん大さじ1で煮詰める。
ぜんまい、たけのこ、もどした干ししいたけ:
だし1カップ醤油小さじ2酒大さじ2塩小さじ1みりん大さじ1砂糖大さじ1で煮含める。
玉子:錦糸卵。今回は玉子焼きを作ってきりました。
かまぼこ:飾り切りする
鮭:一口大に切る、骨を抜く、皮を取る。なんといっても「新潟たけうち」の鮭がよいです。干して、ほどよく水分抜け、油もあり、塩加減も絶妙。新潟伊勢丹地下で買ってきましょう。本店は中央区柳島にあります。
たけうちさんのホームページこちら→http://www.niigatatakeuchi.jp/
5、 ごはんをわっぱによそる
21センチ2個だと炊いたご飯ぜんぶ入りますが、食べられる量にしてください。
6、 具材をきれいにのっける。
7、 写真のように21センチの大きさの鍋なら何でもよい。
シューシュー10分間蒸す。
わっぱと鍋

8、最後にのっけるもの
  三つ葉、青のり
9.できあがりジャーン!
わっぱめし


なぜ春作るかというと、ふきの煮物がはいるからなんです。このふくの苦みがたまらなくおいしいと感じるんです。
手間かかるけど絶対食べたくなるお料理です。おすすめ。
スポンサーサイト

星占いのこと

星占いのことを書こうと思います。

たまにユピテルジョージさんの星占いをみることがあります。
(サイトは以下
http://www.ondorinohane.com/fortune.php

ユピテルジョージさんの星占いは一般のものとは
全く異なり、
星の動きそのものを教えてくれます。
たとえば今週は

3月16日~22日 は大変容と新生の時です。
2012年6月以来、繰り返されて来た「天王星と冥王星の90度のコンタ
クト」ですが、今回が7回目で最後のコンタクトとなります。
星々の強力なエネルギーにより、古い自分、古い考え、古い感情があぶり出さ
れてくる時です。
新しい扉を開くためには、今の現実につながっている過去の物事に自分でしっ
かりと決着をつけること。
過去に起こったことも、自分の身の上に起こることすべては、「必然」です。
すべてを"学びと成長の糧”として受け入れ、感謝が生まれた時、古いものを
手放すことができます。
新しい時代を生きるために必要なのは、自分の人生を主体的に生きる、他人の
せいにしない生き方へのシフトです。


いうような感じです。

つまり生きるヒントを教えてくれるのです。
こういう星占いいいですよね。

のめしこき主婦ノート その14

ふたに書く
ふたに書く

しょうゆや酒、酢を買ってきたら
ひと手間ですが、
ふたに書きます。
これがストレスを少なくするコツ
我が家では
私のみならず
夫、娘、義母が料理をするため

「しょうゆどこにあるの?}

とか
聞かれても
叫ばれてもすぐわかるように
しておかなければならないのです。

少しずつ春ですね。

寒かった冬がすこしずつ
終わり、
少しずつ春ですね。

我が家の春を告げる
1dannkazari
長女のお雛様

dannkazari
次女のお雛様

今年も頑張ってかざりましたぞ。

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。