FC2ブログ
  • « 
  • 5 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米の季節

米どころ新潟に住んでいると
お米の話題が時おりあります。

“田植えだっけ、こらんねえて。(田植えのため外来に行くことができません)”

“もうそろっと稲かりしんばねえて(もう稲刈りしなくてはなりません)”

“今年は(コメの)できがいい。”
とか“わるい”とか。

“稲作だけでは生活できね”とかの愚痴もあります。

ところで
毎年この時期になると
新潟県外の親戚に新米をプレゼントしています。(もちろんお米屋さんから購入して)

いただくことも多々あります。
“うちで作ったお米です。”と、
皆さん誇らしげに。
自分の田んぼでとれたお米が一番おいしいということです。

それにしても
お米をいただくって
本当に
し・あ・わ・せ

これほど幸せなことってありません。私にとっては。
とっても裕福な気持ちになれるのです。
新潟に住んでてよかったあ と思う瞬間です。

スポンサーサイト

炉窓って何?

2012年のミス・インターナショナルにミス・ジャパンの吉松育美さんが選ばれたのだそうです。
この方、わずか25歳だというにすごい努力家。
自分の理想の姿をイメージし、そこに向かってまっしぐらに頑張るタイプだそうだ。
ミス・インターナショナルともなると美しさや立ち振る舞いでは差がつかない。
そこで特にスピーチを頑張ったとのこと。
スピーチの出だしは疑問文にしてオーディエンスを引き付けるテクニックを使ったと。
そのセリフがこれ
“what’s a role model?”
role modelって理想とする人物、模範とする人物って意味。
そういえば勝間和代さんの本にもロール・モデルって言葉がよく出てくるね。
「今まで働く女性のよいロール・モデルがいませんでした。」などと書かれている。
ちなみに
発音は“ろおまあど”
これ私には
どうしても「炉窓」って聞こえてしまうんですよね。

“what’s a role model?”

「炉窓って何?」

いくらのしょうゆ漬け

この時期の唯一の楽しみは何と言っても
イクラのしょうゆ漬け作り
もう楽しくて楽しくて
そして
おいしいし
人にあげても喜ばれる。
せっせと作っていますよ。
先日、長男を見に札幌にいってきましたが 
帰ってから作りましたよ。
瓶に詰めて凍結保存します。
いくらの瓶詰
いくらの便たくさん

作り方はこちら↓
http://claraclinic.blog33.fc2.com/blog-entry-253.html

岩見沢駅ホームのオブジェ

札幌に住む長男は野球部に入っています。
その長男が練習試合中、ベースを踏み損ねて
足の関節を脱臼し、入院したとのことで
急きょ、北海道へ行ってきました。
普段は札幌に住んでいますが、
練習試合が岩見沢だったので、岩見沢の病院に緊急入院したとのこと。

そもそも
怠惰な私は
札幌がどこにあるのか、
新千歳空港がそこにあるのか、
岩見沢がどこにあるのか
よくわかっていません。

岩見沢は札幌から
40キロ北側へ離れている所だそう。
特急カムイ号で20分、普通列車や車で40分くらいかかるそうです。
そして
JR岩見沢駅3・4番線ホームのど真ん中で見た巨大なオブジェがこれ。
岩見沢駅ホーム

“農業用馬”という木彫りのオブジェ。
おそらく
開拓時代このような大きな馬たちが大活躍したのでしょうね。
贈呈者はばんえい競馬の会長さんとのことでした。


長男はというと
数日後、札幌市内の病院へ転院し手術予定とのこと。
周りの方々に
ご迷惑をおかけしたにもかかわらず
大変よくしていただき
ありがたいことです。

東京駅が混雑!

連休は学会があり東京に行きましたが、
いつも東京駅は混んでいます。
もちろん。
でもでも
とにかくすんごい混みよう
なんなのこれえええ

冷静に考えてみると
東京駅復元工事が終わり見物の人が多いのだ。
いやはや
東京駅はすごいね。
さて
内側から
あの煉瓦作り
を体感したいなら
中央線1・2番ホームへ
そしてこのたび
八重洲北口がこれ
東京駅八重洲北口
これまで
脚光を浴びていなかった(失礼)
八重洲北口。
この日は多くの人が
写真を撮っていましたぞ。
そうそう
日本橋口という
超マイナーな出入り口もあり、
それは変わっていなかったなあ。
雑感。

おすすめ図書をひとつふたつ その20

商売がら
アンチエイジング図書・雑誌・文献
さまざま読みます。

その中でもおすすめのアンチエイジング図書です。

遺伝子ダイエット
坪田一男著

とにかくいつも元気いっぱい!エネルギー光線を浴びせかけてくれる、そのお姿を拝見するだけでこちらも元気になっちゃう、という方っていらっしゃいますよね。そのおひとり。慶応大学の坪田一男先生。先生はたくさんの一般向け図書を書かれていますが、その中でも特にまとまっていて読みやすい本です。ダイエットというより、アンチエイジングな生活習慣に関して書かれています。学術的なことをわかりやすく紹介され、日常生活の工夫を公開されています。
「ごぎげんサイエンス」は必読。幸福を感じるファクターは3つ①気質②デイリー・イベント③ライフタイム・イベント だそうで、“多く幸福に感じ、少なく不幸に感じる”人が幸福感が強い、とのこと。
とりあえずアンチエイジングが知りたいと思った方、その他 多くの方におすすめのアンチエイジング図書です。
アマゾンはこちら

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%88%E2%93%60%8Eq%83_%83C%83G%83b%83g

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。