FC2ブログ
  • « 
  • 4 
  • 5 
  • 8 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝、楽しんでいます。

NHKのドラマ、坂本龍馬を見ている方はたーーーくさんいらっしゃると思います。
さて登場人物の年齢がよくわからない。と思うことありませんか?
もともと私は歴史が苦手なんですが、、、、
そこで今週はウィキペディアで人物検索し、生年月日を調べながら、
ドラマ見てみました。
以下です。
坂本龍馬    1836--1867 
勝海舟 1823--1899(明32)
武市半平太 1829--1865
岡田以蔵 1838--1865
岩崎弥太郎 1835--1885(明18)
千葉定吉 1812--1879(明12)
千葉さな子 1838--1896(明29)
ジョン万次郎 1827--1898(明31)
福沢諭吉 1835--1901(明34)
吉田松陰 1830--1859
佐久間象山 1811--1864
西郷隆盛 1828--1877(明10)
徳川家定 1824--1858
徳川家茂 1846--1866
徳川慶喜 1837--1913(大2)
天章院篤姫 1836--1883(明16)

龍馬さんと篤姫さんが同い年だとわかりました。
勝海舟さんと龍馬さんは13歳違いです。
明治の時代を満喫して亡くなった方もいるのですが、龍馬さんは明治を見ずに亡くなっています。
ちなみに佐久間象山さんの再婚相手は勝海舟さんの妹さんです。
ちなみに勝海舟さんのお孫さんと慶喜さんのお孫さんはのちに結婚しました。
ところで
勝海舟役の武田鉄矢さんはもうもう好演で感動ものですね。あのちゃきちゃきの江戸弁のすごさ。
人きり以蔵こと岡田以蔵役の佐藤健さん、イメージどおりでこわいくらいですね。
などなど。
今回のこの大河ドラマ、じっくり味わいながら見ていきたいと思っています。
スポンサーサイト

山椒に注目?

本日は穏やかな日です。
春爛漫
ところで
毎日忙しくても
お昼の20分間は近くの防砂林の中を散歩します。
(新潟市西区青山海岸の防砂林です。)
ここは雑木林となっています。
が、なんといっても気になるのは
山椒。
我が家は山椒の葉を食べ、花を食べ、実を食べる一家だからです。
”早く大きくおなり、大きくなったら食べてあげるからねえ、ふふふ”
とグリム童話のおばあさんのようになっている私です。
いえいえ
私以外にも
たくさんの人が山椒の葉を取りにこられているようで
若芽がつみとられています。
取っても取っても
山椒は芽を出しますのでいいですよ。
山椒のわかめ

今年も桜ご飯

去年も同じ時期に作りブログでご紹介しました。
http://claraclinic.blog33.fc2.com/blog-entry-149.html
桜ご飯です。
今年も作り、大成功。おいしかったー!
桜ご飯はおいしい
で、もう一回作り方ご紹介します。
材料:
米2合。桜の塩漬け50グラム。たけのこ5センチ角くらい。昆布5センチ。こぶだし少々。
1、桜の塩漬けを水にさらし、塩をとる。へたも取るので50グラムが半分くらいになる。
2、たけのこは一口大、薄く切っておく。
3、土鍋に米と分量の水、昆布だし、昆布、たけのこ、塩出しした桜を入れる。
4、火にかけ、沸騰したら弱火10分、火を消して蒸らし15分。
ほらね、春らしいでしょ?

春爛漫。わーい春だ!

今日は穏やかな陽気でようやく
春を満喫できました。
我が家のさくらも今日満開
桜満開
桜だけかとおもいきや
いっせいにさきましたよ。
レンギョウ
まけずに連翹
雪柳も
雪柳
わーい、春だ。春だ。

おすすめ図書をひとつふたつ その9

婚活中の女性、また既婚女性にも送りたい本。
ゲゲゲの女房
こういう女性の一生もありかな。

テレビをつけると
宇宙飛行士の山崎直子さんがふわふわと和楽器を演奏していました。
アクティブ(活動的)な女性が増えたんですね。
私もどちらかというとアクティブな方かもしれません。が、

アクティブに生きるにはかなりのエネルギーが必要です。

だがしかし、、、
パッシブ(受動的)に生きるにも同じ量のエネルギーが必要なのではないかと
思いなおしました。

この本の最後の章から少し、

水木は強烈な個性を持った人で、独自の生き様を貫いてきましたが、
それとはまったく対照的に、
私は古い日本の女性の生き方、そのままとおしてきたようにおもいます。
すべてを受け入れるだけの人生でした。
なぜ、水木と結婚したのかと聞かれれば、つまるところ
私には水木と結婚する以外に道がないと思ったからというのが本当のところです。

だそうです。
お見合いから結婚までわずか5日。
赤貧洗うがごとしの貧乏極まりない生活。
猛烈に仕事が忙しかった時代。
すべてを受け入れて夫を信じてついていったというのです。
普通の人だったら離婚してるだろうなあというのが私の意見ですが、
それでもついていったのは
かなりなエネルギーを要します。
結局どんな生き方を選んでも
一所懸命生きるには
エネルギーがいる
ということです。

ちなみに“ゲゲゲの女房”は現在NHK朝のドラマで毎日放映中です。

本日のさくら

今年は本当にさくらの開花が遅い。
例年なら散っているはずなのに。
考えようによっては楽しむ時間が長くなっていいかも。

本日の我が家の桜
8部咲き
さくら本日

ブログ

昨日は内科学会があり、東京へ。
東京に行くことはあまりないので
もうスケジュール目一杯です。
大学生の娘のアパートによって
掃除をする。というか様子を見てくる。
娘にまともなものを食べさせる。
今回はミートソースやカレーを凍らせて持って行きました。
翌日、彼女をアンチエイジングレストランに連れ出して一緒に食事。
麻布十番にある、“麻布十八番
いつか私もアンチエイジングレストランが開きたいなあ。
少し時間があったので
上野の国立博物館へ行く。
細川家の至宝展は来週からでした。残念。
夕方はマナーの師、井垣利英さんの洋食のテーブルマナーを受講させていただく。
会場は南青山“フォレスト”さん。うーーーーん美味しい!
そして井垣さんのマナー講座も楽しい!
作ってくれた方やサーブしてくれた方々を大切にするのが特徴です。

ぐったり疲れて最終の新幹線で帰宅。

ところで国立博物館の地下にお土産やさんがあり、
このようなシールシール
が売っています。
ご存知、“赤富士”です。

桜情報

桜の情報です。
昨日4月11日は
内科学会のため東京にいました。
東京都北区の娘のアパートから
東京の桜411
こんなに花びらが残っています。

さて本日4月12日の我が家の桜
新潟市西区
我が家の桜412

1部咲き?
本当に今年は遅いなあ
まあ それはそれでいいかも

言葉パワー

以前より言葉の持つパワーを気にしていています。
先日、とある神社でおみくじをひいたところ(普段見向きもしないおみくじ)
こんなことが書いてありました。

言葉には魂があり、力がある。
よい言葉、優しい言葉で
人を慰め、人をいたわり、、、、、、、

へーおみくじってこんな事も書いてあるのね、
と驚きましたが、そうだよねとも思いました。

私の大好きな本“ユダヤ人大富豪の教え”にも
お金持ちになる人は普段から豊かな言葉を話していると書いてあります。
愛、希望、調和、豊かさ、平和などなどです。

普段自分はどんな言葉でしゃべっているだろうか?
と見直すきっかけになります。

と考えていたら
いつも心の支えにしている友人はご自身のブログ
“自分の話し方を文字にして客観的に分析したこと”を書かれていました。

たまには自分のなにげなくしゃべっていることを
文章化してみるのもよいのかもしれません。

春野菜メニュー その2

春野菜が大好きです。
本日はウド
ウドはスーパーマーケットで簡単に手に入ります。
しかも売っているものは
ほとんどあくがありません。
調理しやすいです。
山でとれたウドはあくが強くて強くてたいへん。
でもそれはそれでおいしいのです。
よく作る料理はキンピラ。牛肉を少し入れるとお客様用になります。

うどきんぴら

作り方
1. ウド1本はななめに薄く切る。水にさらす。
2. サラダ油で炒める。
3. 酒、みりん、醤油少し、砂糖少し、和風調味料で味をつける。お好みで。
4. キンピラはみなそうですが、火を止める最後に塩をひとつまみ入れると素材が
しゃきっとします。

濃いいいい春へ

ようやく、、、、
お雛様をしまい、
鎧を出しました。
よろい

春が濃ーーくなっていくみたいな気がしませんか?
私だけかな?

春野菜メニュー

春は大好きな季節。
日本は四季がはっきりしていて本当にいい国だなあと
思うのは毎年春という季節です。
さて
春野菜はなんといいますか、
みんな独特なあくがあり、他の季節野菜と違って別世界の物みたいな気がします。
おそらく
冬、寝ていた身体を起こすための物だからかな と勝手に考えています。
さて
あくが強い野菜が多いのですが
私は 春野菜が大大大好きなのです。
そこで
いくつかご紹介します。

まずは春キャベツ。
普段のキャベツとは違いますよ。
柔らかいのです。水分も多いです。
生でもおいしいけど加熱調理すると甘みが増します。

子供に野菜をたくさん食べてもらいたくて
考えたメニュー。
キャベツの味噌汁具たくさん
キャベツ味噌汁
具たくさんの豚汁をいつも作りますが(冷蔵庫の整理もかねて)
春はキャベツをメインにして、具たくさんの味噌汁をどうぞ。
甘くておいしい!

新潟市、本日の桜は、、、、

関東から西側では桜が満開とのこと、
でもね
本日の新潟市の桜はね、
さくらのつぼみ1
まだまだね。

新潟市でバーニャカウダを食べられるお店を見つけたよ

新潟にもありました。バーニャカウダを食べられるお店。
それも意外にも夫が足しげくかよっているお店でした。
侘屋(わびや)さん

新潟市古町8 藤和ビル7階

セイロ蒸しがおいしいから食べに行こうということになり
連れて行ってくれましたが
そのセイロ蒸し(野菜、肉)をつけるたれがバーニャカウダだったのです!
あっさりしていて食べやすい。
セイロ蒸し


それで 家でも
作ってみました。
案外、簡単でおいしい。
おすすめです。
バーニャ

レシピは栗原はるみさんのレシピの変法です。

材料;オリーブオイル大匙2。にんにく1~2片。
   アンチョビフィレ6切れ。生クリーム200ml。
作り方:にんにくはみじん切り。アンチョビもみじん切り。
    オリーブオイルでにんにくを焦がさないように炒める。
    アンチョビも入れて炒める。
    生クリームを入れて温まったら、塩コショウであじを整える。
    アンチョビはしょっぱいので塩はほとんど入れません。
    栗原さんのレシピではとろみを付けるためコーンスターチを入れていましたが
    わざと入れずにあっさりさせておくとかえって食べやすい気がします。

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。