FC2ブログ
  • « 
  • 1 
  • 6 
  • 9 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜のごちそう

先週東京に住む次女が成人式の前撮り(事前に着物を着て撮影だけすること)
のため帰宅していた。
いつもは何を食べているのか、教えてくれない。
コンビニ弁当が多いだろう、と夫。
で、
これでもかこれでもかと野菜のお料理を作ってあげた。
筑前煮、ポテトサラダ、柿の本(食用菊の1種)のおひたし、
小松菜のおひたし、トマトサラダ、ブロッコリーとアスパラのサラダ
具たくさんのトン汁。
(レシピは後日ご紹介しますね)
長男次男は肉食属牛乳がぶ飲み科どんぶり飯目であり、
不服そう。で、急きょ、きゅうりたっぷりのバンバンジーを作った。
驚いたことに、野菜メニューだけでも充分ごちそう風になるのよね。
主婦歴22年の私自身が驚いた。
メインに肉料理がなくてもいいのね。ってことを。

その次女
翌日よっぱらった夫にからまれた。
“パパが生きている間は面倒みてあげるから
どうせ大学は花嫁道具の一つだからね
まあずっと独身でもいいけど。
新潟に帰ってきて公務員になればあああ”と
次の日
当然のように
“私帰る”とさっさと東京に帰ってしまった。

“これだから娘に嫌われるのよ、アンタは!”

この次女
4歳のときに
保護者同伴の音楽教室で私のかわりに夫に出てもらったことがある。
いねむりをした夫のほほに
わずか4歳の小さな手をいっぱいに広げ
ばちーーーーんと教室中 響くような
平手打ちをかました。
という武勇伝を持っている。
スポンサーサイト

オーラって!?

私の大好きで尊敬する友人(KEIさん)がそのブログで
オーラについて分析しています。
多くの自己啓発本を読みあさっていますが、
こんなに分析している方はいません。
ビジネスピープルの方々にお勧めします。
ぜひこのブログに訪れてください。

さわりをちょこっと、、、、、

オーラの源
1つ目は、内からあふれ出る「向上心」、「高いプロ意識」
2つ目は、正しいこと・方法でキャリアを伸ばそうとする「人格」、「誠実さ」
3つ目は、仲間と分かち合う、あるいは後輩育成のために注がんとする「愛情」

イベントフル新潟!

さあ秋です!
皆様いろいろ計画立てていることでしょう。
 
ところで
新潟は今年国体開催年です。
今日まさに開会式でしたよ。
この静かで小さな田舎町新潟も
わくわくそわそわ
活気づいています。
うれしいことです。
知り合いのお子さんや
子供のお友達など
選手として参加する方もいるため
暇をみて応援しに行こうと思っています。

京都へちょこっと

19日20日は研究会で神戸に行きました。
今回、帰りは新幹線を選択し
京都にちょこっと寄りました。
ちょこっとといっても
1時間くらい駅ビルでうろうろしただけですけどね。
京都は古都のイメージが強いですが
京都駅はとても近代的でしゃれた造りの建造物です。
東京駅がレンガ作りで重厚な造りの建造物なので対照的ですね。

ところで私だけかもしれませんが
神戸、大阪、京都の位置関係がいまいちはっきりわかりません。
3都ともそれぞれ在来線(東海道本線)で35分くらいで行ける
とても近い位置にあります。一番東京に近いのが京都です。
イメージはそれぞれが離れて遠くにありそうですけどね。

ところで京都駅に立ち寄ったその日は大型連休の真っ只中
人人人でものすごーーーく混んでいました。
ほとんどが観光客、当然ですね。
その後東京駅も立ち寄りましたが
東京駅はいつもどおりでした。
新潟からは新幹線を利用して
新潟~東京2時間、東京~大阪2時間30分で
合計でも5時間かかりません。
とっても便利です。
京都に上洛を繰り返していた
直江兼続さんや上杉景勝さんにも教えてあげたいくらいです。

ちなみに
飛行機を利用する場合は新潟大阪間に定期便があり一番早くまた安く行けます。
夜行列車は日本海側を走る、寝台特急北国号や日本海号を利用すると便利です。

”得月”の宣伝を少々

ふだんお酒は飲みませんし、
患者さんにもお勧めしません。
なぜなら女性に限っていえばアルコールはいいことはないからです。
(専門的に言えばネガティヴデータはあれど
ポジティヴデータはないのです。)
しかし
これは別っていうお酒があります。
(独断と偏見じゃあ!)
もともと新潟は米どころ

日本酒もおいしいのです。
日本酒が”お米が生きている味がする”のです。
最近、食と健康の会で
朝日酒造の広報部の方と知己になり、
送っていただきました。
このお酒。
だから言うわけではないのですが、
ずっと前から大好きでした。

得月”です。

とっても美味しい。
毎日おちょこ1杯ずついただいています。



常に進化を!

イチローさんが9年連続200本安打を達成しました。
今、最も神に近い人ではないかと思います。
ところでテレビコマーシャルで“イチローは同じ毎日を過ごしているのになぜ・・・・”というテレビコマーシャル見たことありませんか?
私ははたしてこれは本当だろうかと思っていました。
そして16日放送のNHKスポーツ大陸(イチロー特集)を見てやっぱりねと思ったのです。
納得いかない時ビデオルームに飛び込み、自分のフォームを何回も
繰り返しみているイチローがいました。
常にフォームの改善にとりくんでいるのだそうです。
今も進化し続けているといいます。
“これをやれば大丈夫というものが変化している”とはイチローの弁。
プロフェッショナルの極みですね。
さあ“イチローってすごいね”と言っているだけではだめ!
自分の生活に落とし込みましょう。彼を見習って自分の仕事の精度を高めるべく
自分トレーニングをさらに強化しましょう。
常に進化を!

夏のなごり物

さあ秋です。
でもね、
我が家にはまだ夏のなごり物がたくさん残っているのです。

朝顔 
朝顔
毎年、台所の窓の真下に朝顔を植えます。
グリーンカーテンです。台所の窓は開け放しておきます。
涼しいですよ。

ひまわり
おじぎしているひまわり

冷やし中華
大好きな冷やし中華、買い占めました。

夕焼け
今年なかなか日本海の夕日を撮ることができませんでした。
来年がんばります!


アンチエイジンング小話 その3

もっと安価にアンチエイジングを の巻

私はすご~いけちです。もっと安く買い物がしたい。
もっと安くおいしいものが食べたい。もっと安く楽しみたい。と、
いつもいつも考えているのです。
生活に関してもそう。もっともっと安価にアンチエイジングを楽しめないものかと。

前置きが長くなりました。
そうこれです。

カロリー・リストリクション。
日本語ではカロリー制限。
ことわざでは腹八分目。

以前、佐渡総合病院に勤務していたとき感じたことがありました。
“佐渡の人は10歳若い”これは私だけでなく佐渡に勤務するため新潟市から来る
ドクターはみな口をそろえて言っていました。
60歳が50歳に見え、70歳が60歳に見えるのです。
これはおそらく食生活に関係あるに違いないと私は思っていました。
佐渡の人は食に対して、欲がありません。とても質素です。
私の父の実家は相川町にありますがそこの叔父叔母は自分で作っている米と少しの野菜と
海の幸を食べて生きています。
肉は買おうにも何キロも離れた町に出かけなければ手に入りません。
そこでこの質素な食事に若さの秘訣があるのだろうと感じていたのです。
おそらく一日のカロリーは1200から1500キロカロリーくらいでしょう。

で、
それを証明する実験がアメリカで行われています。
知っている方も多いと思います。
ウィスコンシン大学のアカゲザルの実験です。(昆虫やネズミでは既に実証済み)
同じ条件でサルを飼育します。
ただ違うのは
カロリー制限(60%)です。
結果は制限したサルのほうが若々しく見えます。
実際、成人病や悪性疾患の発生率も違うとの事。
これです。みなさん!
食費は安く上がりますし、若々しくなるのですよ。
やらないほうはありませんね。

60%はつらいかも知れません。
昔の人のことわざどおりに
腹八分目!
これならなんとかできそうです。
私はもう既にやっています。
オススメです。さっそく今日からどうぞ。
財布にもやさしい。
あなたにもやさしい。
地球にもやさしい。

田舎者東京へ行く の巻

9月3日、人間ドック学会にため東京に行きました。
会場は赤坂プリンスホテル。
東京メトロ永田町駅9-a口から出てください。との指示、
で、東京駅からJR有楽町、有楽町線で永田町へ、と
ここまではよかった。
所要時間は東京駅から約10分と。
ところが永田町駅構内で9-出口がみつからない。
ぐるぐるまわってもみつからない。
どどどどどうして~
もう20分くらい歩き回っているよ。
なんのことはない。
南北線ホームに入ってホームの端まで歩いていって上がってください。
と。
はああああ~
別なホームに行くの?
こんな発想、田舎者にはないわさ!
とにかく東京はめんどくさい。
毎回ぼやきながら
新潟へ帰っていく私です。

change!

民主圧勝、自民大敗
国民の総意なのでしょうね。

さて問題はこれからどう変わっていくかでしょう。

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。