FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康って何?

内科外来をやって、はや20年です。
最近感じることは、
運動する人がやたら少なくなった!!

食事のことはよく質問されます。
何をどれだけ食べたらいいの?
健康に良い食べ物は?などなど。
でもね
運動に関してはあまり聞かれない。
なんで?
動こうよ。みなさん!
実はあまり知られていませんが2000年に厚生省が指針をだしています。
健康日本21
すごく良いこと書いてんだよ。これ。

そして抗加齢学会が推奨している
有酸素運動+筋トレ+ストレッチ
これは私も実践していますが、超おすすめです。
(具体的には1時間ウォーキング、腹筋背筋5回くらい、ストレッチ体操自己流)

食べすぎで高脂血症になり、そのため薬を飲むなんて
考えてみると 無駄×無駄 という気がしてきませんか?

腹八分目+動く
これだけでよいのです。
こまかいことは必要なし。
実にシンプルです。
スポンサーサイト

ヨーロッパ・アジア・パシフィック建築の新潮流

ヨーロッパ・アジア・パシフィック建築の新潮流展が新潟市美術館で開催されています。
これは若手建築家を紹介してきた国際プロジェクト。
建築家のピーター・クック氏、伊藤豊雄氏に選ばれた15組の建築家のパネル展示です。
昨日行ってきました。

世界が違う。
すごすぎる。

以上が私の感想ですが、
たまには美術館に行って普段日常とは違う世界に浸ってみませんか?

新潟市美術館は静かでシックな街
新潟市西大畑という所にあります。
私が通っていた大学、新潟大学医学部はこの近くにありましたので
ワープしたい時、美術館に来ていました。

特設のものがなくてもおすすめスポットです。
静かにデートしたいカップルにもおすすめです。


クイズです

この葉っぱ なーーんだ?
クイズ葉っぱ

橈骨神経麻痺(とうこつ神経麻痺)の時のdrop handに似てるよね。
答えは秋に。

山椒の花を食す

山椒の花

毎年4月25日前後限定です。
鳥肉だけの鳥鍋に山椒の花を入れるのです。
はじめてこのお料理に出会ったのは福森雅武さん著の料理本“土楽食楽”でした。
えっ。こんな食べ方あるの?って感じでしたが、
実際作って食べてみたらもう病みつきです。
夫などは誰にも教えるなと言うくらいですが、
私はこっそりいろいろな人に教えています。

作り方は簡単
こぶだしのつゆで鶏肉をゆでて、
山椒の花を投入。
山椒の花のしゃりしゃり感がたまりません。

ちなみに
この本の巻末に著者の福森さんとあの白州正子さんの対談が載っており
ここで初めて私は白州正子さんという人物を知ったのでした。


春のおたより

先日 友人から
お手紙が届きました。
その挨拶文がなんとも
春らしいのでご紹介します。

 拝啓、満開だった桜が、あっという間に、力強い緑の葉を繁らせています。
一瞬で衣を変えるこの花は本当に不思議です。


ねっ、桜の花の特質をよく表現してますよね。

虹の写真集

これは先日お世話になったAさんのお宅で紹介してもらい
ひとめぼれして買った本です。

虹の星:高砂淳二さん

たらこスパゲッティ

おいしいもの続きで本日はスパゲッティのレシピをご紹介。

我が家は木曜日にパスタにすると
決まっています。(なんとなく)
いつも夫が作ってくれます。
今回はたらこスパゲッティをご紹介します。
たらこといってもめんたいこを使用しています。

用意するもの(4人分)
スパゲッティ;400グラム 太めの1.8mmがおすすめ
めんたいこ;1はら(つまり2個)我が家は “ふくいち”から取り寄せている。
バター;大匙1~2 我が家は町村農場から取り寄せている。
オリーブオイル;大匙1~2
ピエトロのパスタベース;大匙2~3 これも劣り寄せ、なければ昆布茶で代用可能
1、 たらこソース作り
たらこをきれいに袋から出す。スプーンを使って粒をつぶさないように。
  バターとオリーブオイルを混ぜる。濃厚なたらこソースができる。
2、 スパゲッティをゆでる。
3、 ゆで上がったスパゲッティにパスタベースをからませる。
4、 大きなフライパンにスパゲッティを移し、
少し加熱しながらたらこソースと手早く(30秒くらいで)混ぜる。
皿にもる。
以前つくっておいた、はらこのしょうゆ漬を飾りにのせる。
(20年9月26日の当ブログをご参照ください)

たらこソースさえ作っておけば簡単です。
カロリーは高いけどね。
たらこスパ

桜ご飯

先日お世話になっているAさんのお宅にお招きいただいた時、
桜ごはんをご馳走になりました。
あまりにもおいしかったので
さっそく今日の夕飯に挑戦しました。
大成功!とっても素敵な夕飯となりました。


材料:お米2合。水2合。こぶダシの素少々。昆布5センチ。桜花の塩漬け20グラム。
   たけのこ少し。
作り方:
1.たけのこはお米のとぎ汁で下ゆでしておく。
2.桜塩漬けは茎を取り、花だけにする。塩出しをするが完全に抜けない程度に。
3.土鍋にといだお米、水を入れ薄く切ったたけのこ、桜の花をいれ、
  昆布とこぶだしの素を入れる。
4.沸騰してから弱火10分、火を止め、むらし15分。できあがり。

桜ごはん

ほら!とっても春らしい。

春爛漫その4

春爛漫、雑草もすごい、うちの庭

解説:春のになり庭は花がたくさん咲き、にぎやかなのですが、その一方で雑草もすごいのです。
   今日は雑草取りをしました。

芝刈り機、芝を刈らずに、草を刈る

解説:芝生はまだ芝がはえていないのに、雑草だけは元気よく生えてきます。なまけものの私は手で    取らずに機械で取ってしまいました。

芝刈り機

桜の思い出

新潟の桜は4,5日前が満開でもうそろそろ散り行きます。

15年前新潟市で内科学会総会が開催されました。
1年前から準備をし、それはそれは大変だったようです。
内科学会は国内最大規模の学会で約1万人が来訪するからです。
まず会場が充分でない、宿泊施設が足りない などなど
でもいざふたを開けると
会期中は晴天に恵まれ、
桜が満開で
訪れた方々が喜んでくれたようなのです。
このとき会頭だった
柴田昭先生が打ち上げの会で
”天気に恵まれ、桜も満開で
来られた先生方が皆喜んでおられました。”
と挨拶されました。
この言葉は桜の思い出として今でも私の心に残っています。

満開の桜は多くの人を癒す

のだなあ、と思ったのでした。

我が家の桜
さくら3


花言葉:精神美

東京へ

昨日は内科学会総会に参加するため東京へ出かけました。
内科学会の総会は地方で行われる年もありますが
今年は東京国際フォーラムで行われ、新潟から近いので
参加したわけです。
東京に住んでいる人にはわからないと思いますが、
地方から東京へ行くには交通費がかかります。
新潟からは土日割引きっぷを利用しますが、
それでも18000円です。
それで交通費分くらいは元を取ろうと思っちゃいまして、
すごいスケジュールを毎回組むのです。
今回は、
午前中は学会場にいて、
お昼は東京在住のお友達とランチ、
午後は次女(北区在住)のアパートに行って掃除、
夕食は東京在住の妹一家と弟一家と会食、
いやーー忙しい。
帰りの新幹線は爆睡です。で、
家につくと深夜。
はあー疲れた。でも楽しかった一日でした。

春爛漫その3

”日常生活の中に幸せがある。”
さもない日常生活の中に小さい幸せがたくさんある。と
私は考えています。
特に春は庭を眺めているだけで幸せになれます。
桜に注目していましたがレンキョウさんも
桜とれんぎょう
ユキヤナギさんも
ゆきやなぎ
頑張っています。

大学時代の友人と

つい先日大学時代の同級生5人の女性でお食事会をしました。
場所は西堀8番、エスカイヤ富士館4階にある
バール・アドウナータさん(025-225-2166)イタリア料理のお店です。

大学同級生という事は皆女医さんという事です。医学部ですから。
40代の女医5人って、すっごいですよ~。
声大きい。態度でかい。わがまま。よく飲む。よく食べる。
メニューにないもの平気で頼む。
すごかったー。でも楽しかったー。

市民病院小児科の上原由美子さん、都立豊島病院感染症科の濁川博子さん
この2人は超有名なお医者さんとなりました。
専門分野での活躍、実績はすごいものがあります。でも
もっともっとすごいのは、さもない雑学的知識や情報量が異様に多いことです。
何を尋ねても答えが返ってくるのです。
美味しい紅茶やさん教えて?
コーヒー豆の美味しいお店はどこ?
こんな質問は朝飯前。

さてこの人たちと私との違いはいったい何でしょうか?と考察してみました。
1、 アンテナを常にはっている。高く太く感度がいいアンテナである。
2、 人脈がすごい。
です。

以上2点を意識すると
とてもおもしろい人生をおくることができそう。と
考えてはいますが、なかなか実行できない私です。

春爛漫その2

本日はとても天気がよく
気持ちの良い一日でした。
我が家の桜も三部咲き
sakura
チューリップさんもつぼみが。
チューリップ

お湯を沸かしながら調理をすると、、、、

時間短縮を常に考えています。
思うに、
お料理の方法で“炒めて煮る”という作業が
意外に多くありませんか?
またはメインは油で揚げて、サブメニューは煮物とか。.
それで考えついたが
料理開始とともにお湯を沸かすという方法です。
事前に沸かしておいて
ポットに入れておいてもよいと思います。
お湯があまればポットに保存して食後のお茶に利用してもよいのです。
えっ。
もうやっている。
失礼しました

春爛漫

お雛さまをしまい、
鎧兜を出しました。
春がさらに濃厚になった感じがします。
よろい
でもねうちの庭の桜はまだまだ。
さくら

新潟出身のすごい女性 その2

私の友人の佐藤恵子さんが起業された。
新潟県上越市のご出身。
美人で優秀、女性らしく人間性も高い。
まさに才媛という言葉がぴったりな女性。
彼女がビジネススキルアップの会社”キャリアセット”を起業された。
この彼女のブログがすごい。元気になるブログなのだ。
ぜひ一度お立ち寄りを

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。