FC2ブログ
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くということは その2 労働の尊厳

日本を占領したときの占領軍マッカーサー元帥が日本人の労働観について語ったという記事がありましたのでご紹介いたします。(これも稲盛和夫さん談の文章からです。)

昭和26年5月3日アメリカ合衆国委員会で行われた極東政策についてマッカーサー元帥の言葉です。

太平洋において、われわれは彼らを包囲したのです。日本は八千万人に近い膨大な人口を抱えそれが4つの島の中にひしめいていました。その人口の半分が農業人口で、あとの半分が工業生産に従事していました。潜在的に日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいずれの国にも劣らぬ優秀なものです。歴史上のどの時点においてか、日本の労働者は人間が怠けている時よりも、働き、生産をしている時の方が幸福なのだということ、つまり、労働の尊厳と呼んでもいいようなものを発見していたのです。
これほど膨大な労働能力を持っているということは彼らには何か働くための材料が必要だということを意味します。彼らは工場を建設し、労働力を有していました。しかし彼らは手を加えるべき原料を得ることができませんでした。日本は絹産業以外には固有の産物はほとんど何もないのです。彼らは綿がない、羊毛がない、石油の算出がない、スズがない、ゴムがない、その他実に多くの原料が欠如しております。そしてそれら一切のものがアジアの海域に存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたなら、一千万から二千万人の失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。従って彼らが戦争に飛び込んでいった動機は大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです。


戦前の日本人は勤勉、ただそれだけでなく労働の尊厳を知って働いていた。ということをマッカーサー元帥の言葉から察すことができます。




つまり働くことによって私たちは私たち自身が育てられ、人格を向上させることができる。その事実を知って働けば、知らないで働くよりずっとずっと達成感ひいては幸福感も感じることができる、と私は思うのです。
スポンサーサイト

働くということは

先日、県医師会の座談会に参加させていただきました。内容は「医師の働き方を考える。」がテーマでありました。
話を聞いてみると、当直後に翌日も休むことなく外来がある、これはおかしいとか、医師のワークライフバランスとは、などなど。で、なぜ私も参加せよと言われたのかというと、女性医師の立場から答えてほしいとのことだったのですが、
私は言いたいことも言えず終わってしまいました。
私の言いたいことそれは、「働くということはすばらしい。」ということ。
私は働くことが大好き、働くことができないとうつ病になるだろうな、と思う。
そして、
稲盛和夫さんの著書「生き方」に出会い、同じ考え方を持つ人がいると思いうれしくなりました。

著書より一部抜粋して述べます。

労働で得られる喜びは特別な喜びであり、遊びや趣味とは全くとって替えられない、精神を集中し、飽くことなく努力し、
辛苦を克服して目標に達したときの達成感は、世の中で他には比べられない喜びである。

仕事の現場がいちばんの精神修養の場であり、働くこと自体がすなわち修行なのです。日々の仕事にしっかりと励むことによって、高まんな人格とともに素晴らしい人生を手に入れることができるということをぜひ心に留めていただきたいと思います。


こんなことを
議論したかったのになあ。

お宝言葉 その16

お釈迦様の言葉だそうです。

すべてはあなたにちょうどいい

今のあなたに今の夫がちょうどいい
今のあなたに今の妻がちょうどいい

今のあなたに今の子供がちょうどいい
今のあなたに今の親がちょうどいい
今のあなたに今の兄弟がちょうどいい

今のあなたに今の友人がちょうどいい
今のあなたに今の仕事がちょうどいい

死ぬ日もあなたにちょうどいい
すべたがあなたにちょうどいい



お宝言葉 その15

払意(ふつい)を憂ふることなかれ。快心を喜ぶことなかれ。
     久安を恃む(たのむ)ことなかれ。初難を憚る(はばかる)ことなかれ。

菜根譚(さいこんたん)からの言葉です。
意味は
思い通りにならずに失敗しても心配してへこたれるな。思い通りになっても喜んでばかりいるな。
久しく無事であるからといって、いつまでも無事でいられるとあてにするな。
最初にぶつかる困難に尻込みするな。
です。

菜根譚とは約400年前に洪自誠という人が書いた著作で、儒教、道教、仏教の教えを
取り入れた、処世訓で、長年にわたり、読み続けられている書です。

実は私は人がいうほど感動しませんでした。
が、いくつかはなるほど

思う文章があり、ご紹介する次第なのです。
なぜ、あまり感動しないのか自分でもよくわかりません。
これまで、数々の自己啓発本を読み過ぎてきたからでしょうか。
もう少し人生修行をつむとわかる日がくるかもしれません。

人生を生きていくにはバランス感覚が重要です。
心配し過ぎてもいけません。大胆すぎてもいけません。
厳しすぎてもいけません。甘すぎてもいけません。

そのようなことが、だんだんわかるようになってきた今日この頃です。

最近はまっていること

歴史書

私は中学校、高校と社会科を勉強した記憶がありません。
数学や物理や化学は大好きだったので、
勉強することが大好きで勉強してました。
高校では理数科だったので、時間割の中に社会科はほとんどありませんでした。

なぜ国立大学が受かったのか?
それはその当時、倫理社会、政治経済という科目で受験できたからです。
(3か月くらいで受験用には完成した。)

実は
社会科の存在意義すらわかりませんでした。
社会なんて好きな人だけが学べばいいのに。
と真剣に思っていました。子供のころ

ところが
学校を卒業し社会人になり、
さまざまな業種の方々と接するようになると、
社会科の知識はもっとも必要だ。と
わかってきました。

話ができないんですもの。
話が続かないんですもの。
患者さんや、先輩や、業者さんと。

地理や歴史、政治の基礎知識
これらは生きていくうえでは
本当の基礎だったのだわ。

そうして、目覚めたのが40過ぎ。
まったくわからないこと
わかるようになるって楽しいね。
まるで
食わず嫌いだった子が好きになった食べ物をいつも食べたくなるように
本読んだり、ビデオ借りたり、テレビの歴史番組見たり、

そして今日に至ります。
まだまだわからないことはたくさんありますが、
日々勉強中。

さておすすめの日本史勉強法。
半藤一利さんは素人にもわかりやすい文章をかくことで有名。
そしてこの方長岡出身(ご本人は東京ですが、もともとが長岡)
なので新潟目線で歴史を語ります。
そして同じような時代のところを
外国人の歴史研究者の本を同時に読む。
これはかなり衝撃的ですが、
これで両方向からひとつの時代を見ることができます。
すぎさった過去なので、
客観的にはなかなか見ることができないのですね。
それぞれのひとがそれぞれのめがねで見てしまうのですね。

さて
先日
伊集院静さんのエッセイを読みました。
恩師、野口定男先生のことを書いていらっしゃったのですが、
この方は中国史がご専門だったそうです。

「歴史、特に史記を学びなさい。」とおっしゃられたとのこと。

「歴史を学ぶことは自分を学ぶことだから」
だそうです。
ようやく私は自分探しの旅にでたのかもしれません。
この年で。

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。