FC2ブログ
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柚子の木の話

生まれてすぐ、発症する白血病があります。(かなり特殊です。)
その診断には電子顕微鏡による組織診断が必須で
大学に勤めていた時、小児科から電子顕微鏡写真をとる依頼がきたことがありました。
さっそく、電子顕微鏡用の資料作成は検査技師のTさんにお願いし、写真を撮ったところ
間違いなく、思ったとおりの白血病だったのですが、私だけの診断では心もとないので(まだ若かったし)
組織学の上司K先生のもとを訪ねることにしました。
K先生はその当時、長岡日赤病院に赴任したばかりでした。
長岡日赤病院のK先生も電子顕微鏡写真をみてくださり、「診断は間違いないですね」とのことでした。

さて長岡日赤病院へはあまり行きません。
それで何か記念に残るものでもと思い
帰る前に売店にいきました。
そこに1鉢、たかさ80cmくらいで痩せ細った柚子の木がありました。小さい柚子が2個なっていました。
観賞用のゆずでしょう。何となく購入しました。
その当時、はやっていた風水の話で庭の西側に黄色い実をつける木を植えると金運が良くなるとのこと、これを思い出したのでしょう。

買って帰って、しばらく玄関先においていましたが、せっかうなので庭に植えることにしました。おそらくかれてしまうでしょうが、かわいそうなので、かれる前に庭に植えてあげようと思ったのです。

そして、その後私はは植えたことを忘れていました。

それからたぶん8年くらいたった時でしょう。

夫が庭に柚子がたくさんなっているとゴルフボールより小さいくらいの柚子を30個くらいもってきました。
柚子2017

えっ、柚子なんてうちにあったっけ。

そうです。植えたことを忘れた柚子です。
そもそも、かれなかったのね。

12月の忙しい時期でした。
せっかくなので。半分はお風呂に、半分はお正月料理や、白菜漬け、切干漬けにつかいました。

庭で柚子がとれた話をお義母さんにしたら、毎年どんどん実が大きくなるのよ
と教えてくれました。が、私は半信半疑で雪が降る新潟でかんきつ類が育つわけがないとその時思っていました。
ところが
義母の言ったとおり、実の大きさも大きくなり、数も増えました。
この年は柚子ジャムをつくりました。柚子のへたと種以外すべて使ってつくりました。
もちろんのお正月料理、漬物にも使いました。
その次の年は柚子こしょうに挑戦、とっても上手にでき感激しました。
柚子こしょう2017

そして今年、夏のあいだうどんこ病のような状態になりましたが、農薬を使わずがまん、
青柚子33個を使い柚子こしょうを作りました。ファンがつき、わが家以外3けん冷凍して送りました。柚子こしょうであまった実はしぼって柚子ポン酢をつくりました。
しぼったかずは麻袋にいれてお風呂で柚子湯を楽しみました。

ゆずはまだ20個くらい木になっています。
白菜漬けやお正月料理での出番をまっています。黄柚子があまればジャムも作ります。

風水で黄色の実のなる木を西に植えると金運よくなるとのことでしたが、お金にかえられない豊かさをもたらしてくれました。私は水すらあげないし、肥料もまかないのに柚子の恩恵はかずしれず。

もしK先生が長岡日赤病院に赴任しなければこの柚子の木に出会えなかったし、そもそも小児科から検査依頼がなければ電子顕微鏡写真はとらなかったのだからご縁とは不思議なものです。

ながながとすみません。
何のことのない柚子の木のお話でした。
おしまい。
スポンサーサイト

吉沢久子さんのエッセイ

先日雑誌をみていたら吉沢久子さんのエッセイに出会いました。
なかなか参考になるいいエッセイでしたので簡単にご紹介します。

始末の良い暮らしとは、、、、、
1、 欲望を整理する。何にどれだけお金を使うのか欲望を整理することから始めよう。ようはバランス感覚が大事。使うべきところは使い、〆るべきところはしめる。
2、 人間関係はどんどん貯蓄。隣人はいざという時の頼り。
3、 容量は一定。あらかじめ決めた場所からはみ出さないようにする。そんなに物をもたずとも暮らせますよね。
4、 人生もきちんと整理。60代のうちに終の棲家を決めるのがよいでしょう。とのこと。

つつましい、清貧な暮らしには私も憧れます。


私の友人がある時お料理教室に入ろうと訪ねていったとき、お料理教室の佐藤淳子先生が外に出て待っていてくれたそうです。雪が降っていたのに。「わかりにくいと思って」と。

その佐藤淳子先生から聞いた話ですが、淳子先生がある時、吉沢久子さんを訪ねて行ったとき、バス停で吉沢さんが待っていてくれたそうです。「わかりにくいと思って迎えに来たの」と。その当時、吉沢さんは80歳はすぎていただろうとのこと。

年をとってもそんな素敵な女性になりたいです、ね。

静かでありなさい。

たくさんある私の本棚のどの本だったか、もはや、わかりませんが、
その本にこう書かれていました。


あるキリスト者が夢でキリストに会いました。
その人がキリストに質問しました。
「神に近づくためにはどうすればよいのでしょうか。」

するとキリストはこう答えました。

「静かでありなさい。自分らしくありなさい。」



質問した人にとってみれば、修行をしなさいとか、
人を助けなさいとか、そういったことを期待していたと思うのですが、
全く違う答えでした。
私もこの答えは響きました。
特に「自分らしくありなさい。」

私たちはそれぞれ、違うお役目を背負ってこの世に生まれてきます。
その違うお役目を一生懸命しなければなりません。逆にいうと
自分のお役目をすればそれでよいのですが、
そのためには自分らしくあらなければなりません。
他人と自分を比べる必要はありません。
焦る必要もありません。個人個人すべて違うからです。
それを言っているのです。

さて、もうひとつの言葉
「静かでありなさい。」私にはよく理解できませんでした。
何 言ってるんだろう?

それが少しわかったのがこの本でした。
(本の宣伝をしているわけではありません。)
マインドフルネス


あるアメリカ人のマインドフルネス・エキスパートが言いました。
「静かな心を持つと内面にある叡智が目覚める。」


なるほど。
ここでいう
静かな心とは、強い心、何が起こってもふらふら、あたふたしないぶれない心です。
平常心と言っていいかもしれません。

この本では
「今」に焦点をあてて生きていくことを勧めています。

そういえば堀江貴文さんもこういっていましたね。

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

なぜキリストが「静かでありなさい。」といったのか、だんだん、わかってきたような気がします。なぜ「静か」が最初で、「自分らしく」がそのあとなのかも。

マインドフルネスをさくっと知りたい方にお勧めの書です。

久しぶりの休日

木曜日は休診日ですので、22日23日とお休みになります。
このところ休日も学会や研究会で、まともなお休みがなかったため、半年ぶりくらいのゆっくりできる
休日です。
で、
ようやくチューリップを植えました。
今年は100球くらい に。
いつもは150-160球飢えているのですが、
なにせ中腰の姿勢は腰痛をおこす。
その予防のためです。
チューリップ球根2016
あっという間に燃え広がった糸魚川市の大火
お見舞い申し上げます。
寒い日々が続きますので、これから大変ですね。

そしてかねてから年内中に作ると皆にいっていた
クララクリニック・フィロソフィー
ほぼ完成です。

いえ、京セラフィロソフィーのほぼまねっこです。
ですが、これを読めばすべて解決するというすごい本ですので、
まねっこでもいいのです。

今年はこの本、何度も手にし、
一人で読むのではなく、スタッフやお仲間の方たちと
勉強しました。
感謝・感謝・感謝です。
また来年もお世話になります。
京セラフィロソフィー
京セラフィロソフィーはサンマーク出版から販売されており、購入することができます。

11月14日はアンチエイジングの日

11月14日はアンチエイジングの日だそうです。
なぜか?
1114いい年
だそうです。。。。。。。。

というわけで、本日お昼11時にBSNラジオで生出演させていただきました。
その内容は以下です。

1、八木澤先生が取り組まれているアンチエイジング医療とは、どんな考え方の医療なのでしょうか。

 加齢という生物学的プロセスに介入を行い、加齢に伴う動脈硬化や、癌のような
加齢関連疾患の発症頻度を下げ、健康長寿を目指す実践的医療です。病気になった人を治す医療ではなく、病気にならない体つくりのお手伝いをする医療です。
日本は世界一の長寿国ですが、だからといってずっと自立して生きているわけではなく、亡くなる前、男性は約9年間、女性は約12年間の介護を要する期間があります。この期間をなるべく短く、健康長寿年齢をのばすのが目的です。つまり元気に長生きをするということ、そのためには何をどうすればよいのか一緒に考え実践につなげていくのがアンチエイジング医療です。


2、「アンチエイジング」いわゆる「歳をとらない」ためのポイントは…?

  「元気で長生き」するためには、食事、運動、精神面に気をつけて日常を過ごすことが大切です。
食事面では一日3回、ゆっくりよく噛んで季節の食材を使ったバランスの良い食事をとりましょう。摂取カロリーは性別年齢労働によって個人差がありますので詳しく指導を受けた方が良いです。とる栄養素はタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく食べましょう。糖質制限をしたい方はどれくらい制限できるか、指導を受けた方がよいです。制限し過ぎると逆に具合が悪くなります。血糖値を急激にあげない食べ方も大切です。そのためには食べる順番が簡単で実践しやすいです。野菜から先に食べて、たんぱく質、脂質、糖質の順に食べると血糖値の上がり方が緩やかになります。家族でゆっくり談笑しながらお食事できるとさらによいです。
運動面では、歩く、泳ぐ、ジョギングなどの有酸素運動を週に4,5回、20、30分と筋トレ 週2,3回15分くらい、ストレッチ毎日 がおすすめです。が、みなさんお忙しいのでなかなかできないと思います。私自身も実行は難しいです。そこで「ながら運動」をお勧めします。歯をみがきながら、テレビを見ながら、など足踏みや足の屈伸運動などやってはいかがでしょう。通勤時間を使うのもおすすめです。
精神面が一番重要です。生きがいや夢を持って日々を過ごしましょう。
健康になるのが生きがいではなく、手段です。健康に生きて○○をしたい。など考えながら過ごすとよいです。お友達が多い方、趣味がある方もイキイキと過ごされることが多いようです。

3、みんなが「アンチエイジング」を達成できたとしたら、世の中はどんな風によくなるでしょう?

まず、医療費がかからなくなるでしょう。国家財政的にもよいのです。65歳を過ぎても働いて社会に貢献できます。そして、イキイキと元気に過ごしている高齢者が増えれば若い人も年をとることってよさそうだ、と思ってくれて未来を明るく考えてくれる若者がさらに増えるかもしれません。

4、ラジオをお聞きの新潟の皆さんに一言、メッセージをお願いします。

日々の生活態度が日々の健康生活を作りますので、食事、運動、精神面に気を付けて過ごし、健康長寿を目指しましょう。生きがいや 夢を持って過ごしましょう。ご家族やお友達を大切にすることも健康長寿につながります。


と、いうふうに準備はしていたのですが、なかなかうまくしゃべれず。
とほほほほな日でした。

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。