FC2ブログ
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柚子がたくさん取れました。

今年は暖冬のせいか新潟市にあるうちの庭でも結構なゆずがとれました。
いつもは4-5個くらいしかとれませんが今年は50個くらい大きさはゴルフボールより大きい。大豊作でした。
今年のゆず

そこで何に使おうと考えます。(これが楽しい。)
まずお風呂に入れて柚子湯で楽しみます。 10個くらい
それからおせち料理に使用 10個くらい
それから

柚子こしょう 2個で作りました。
ゆずこしょう

残りゆずジャム25個くらい(ーーたくさんできて既に凍結保存。)
ゆずジャム
(既にこおっている)
を作りました。

堪能しました。柚子 ありがとう。

作り方
ゆずこしょう
1、ゆずの皮、青唐辛子10本は種をとり細かくきざむ
2、塩大さじ2~3、ゆずの汁を加えすり鉢でひたすらすりすり
3、できあがり

ゆずジャム
1、ゆずの種をとり、ずべてをきざむ
2、30%の重量パーセントの砂糖を加え煮込む
 少しゆるめのところで火を止める。とろみ加減をみて水を加えることあり。

スポンサーサイト

とと豆のこと

とと豆は新潟のおせち料理には欠かせない物です。
のっぺやお雑煮にトッピングします。
紅白なのでおめでたいのでしょう。
ととまめ

少しグロテスクですが、、、、、

イクラを煮てつくったものです。
これが好きな人は好きで、これだけ選んで食べるくらいですが、
嫌いな人は嫌いです。
なので我が家では別にしておいて各自トッピングして食べてもらいます。

作り方は塩水でいくらを軽く茹でます。
浸透圧を考えれば塩水で煮ると破裂せずに作れます。
保存は塩水に入れておきます。

我が家のとと豆はイクラが手作りでおいしいので、
とと豆にしてもやわらかく、茹で玉子のような味でおいしいんです。
のっぺにトッピング
のっぺにトッピング

残ったら
鮭ととまめいくらごはん
焼いた鮭をほぐして混ぜたごはんにイクラ、とと豆をのせて食べます。

冬じたく

新潟市は中途半端に雪が積もります。
10センチだったり80センチだったり
豪雪地帯はそれなりに
除雪設備がしっかりしているのですが
新潟市は中途半端です。
それで毎年自分でできる除雪準備をしなければなりません。
そこで
ママダンプ2014
ママダンプ購入。
シャベル2014
雪かき用シャベルも。

せっかくなので電飾ツリー

うちの近所の外壁屋さんアクトさんでは毎年駐車場を電飾しています。
これが小規模ながらたいへんすばらしく
写真を撮りにくる人もいます。
町内会の回覧板でも
一所懸命作りましたので見に来てください

回るくらい。なので
私も撮ってきました。
アクトのツリー
新潟市は雪ですが、いまのところ
あまり積もらず、いい状態です。

さて冬じゃ

さて冬です。
今年は雪が降りそうです。
私のかんです。

患者さん数人にも
そういわれました。

なぜか

カマキリが高いところに
上っているから
カマキリが高いところに
卵を産むから

だそうです。

あたるかなあ?

この予想。

プロフィール

claraclinic

Author:claraclinic
八木澤 久美子。内科医。4児の母。ワーキングマザーの方々へ何か参考になるかと思いブログを開設しました。クララクリニックのホームページへもどうぞ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。